再生医療ベンチャー

再生医療ベンチャー#45 レグセル

更新日:

〇制御性T細胞(Treg)の大量作製技術がコア技術

〇自己免疫疾患や免疫拒絶に対する治療法の研究開発

〇Treg発見者の坂口志文 大阪大学/京都大学名誉教授が最高技術責任者を務める

会社名 レグセル株式会社
Regcell Co., Ltd.
所在地 京都市上京区河原町通今出川下ル梶井町448-5
代表者 代表取締役 半田恭彦/坂口教子
設立 2016年1月27日
上場 非上場

【会社概要】

制御性T細胞(Regulatory T cell; Treg)を用いて、自己免疫疾患等に対する治療法の開発を行うバイオベンチャーです。Tregを安定的に大量に作製するULTRA-iTregをコア技術として、リウマチ等の自己免疫疾患や、移植時免疫拒絶の治療法の開発を進めています。社名は制御性T細胞(Regulatory T cell)に由来しています。

同社の最高技術責任者(CTO)を務める坂口志文 大阪大学名誉教授兼京都大学名誉教授は、Tregの発見者であり、ノーベル賞候補者として毎年のように名前が挙がる世界的な研究者です。

同社は、株式会社iPSポータルのアカデミア技術シーズの事業化支援として、iPSポータル社、坂口教授、河本宏 京都大学ウイルス・再生医科学研究所教授の共同で設立されました。2017年に富士フィルム株式会社から出資を受けるとともに、再生医療製品の開発支援についての業務提携契約を締結しており、富士フィルム子会社の株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)から細胞培養プロセスの開発や薬事コンサルティングなどを受け、再生医療製品の開発が進められています。

【事業内容】

制御性T細胞とは

制御性T細胞(Regulatory T cell; Treg)は、免疫反応を抑制する働きを持つT細胞です。自己に対する免疫応答や炎症等、過剰な免疫反応を抑えることで、免疫系の恒常性を保つ役割を担っています。

免疫反応を抑制する細胞の存在は以前から知られていましたが、その実体は掴められておらず、その存在が否定された時期もありました。そのような中、坂口教授はCD25を発現するT細胞が免疫反応を抑制することを発見し、さらに転写因子Foxp3がTregへの分化に重要な遺伝子であることを突き止めました。Tregの存在の予見から発見に至るまで、JT 生命誌研究館「ゆらぐ自己と非自己―制御性T細胞の発見」において詳しく語られています。

レグセル社では、自己免疫疾患や移植時の拒絶反応抑制を対象とした、Tregによる細胞治療の開発を進めています。

コア技術

①Treg大量作製技術「ULTRA-iTreg」

レグセル社のコア技術のひとつが、Tregを安定的に大量に作製する技術である「ULTRA-iTreg」です。”iTreg”という名称ですが、iPS細胞由来のTregではなく、Foxp3のT細胞からTregを誘導(induce)することを意味しています。

(出典:京都大学 研究成果「制御性T細胞を誘導し、炎症を抑える化合物を発見 -制御性T細胞の誘導による治療の実現に繋がる誘導制御メカニズムを解明-」)

この技術では、京都大学およびアステラス製薬と共同で開発したTreg誘導化合物AS2863619を用います。Tregへの分化に重要な転写因子Foxp3は、細胞内シグナル伝達分子であるCDK8および19により抑制されています。AS2863619はCDK8/19の阻害剤であり、Foxp3に対する抑制シグナルを阻害することでFoxp3の機能を活性化し、T細胞からのTregへの変換を誘導します。

レグセル社は、大阪大学の坂口志文教授の研究室のTreg作製方法と、このTreg誘導化合物、さらに自社独自の培養方法と培地組成を組み合わせて、安定して大量のTregを作製する技術であるULTRA-iTregを開発し、提供しています。

②抗原特異的Treg作製技術

採取したTreg細胞とiPS細胞由来の樹状細胞を共培養することで、免疫寛容を誘導するTregを作製する技術です。坂口教授および京都大学 河本教授と共同で開発されました。

この方法においては、患者とHLA型が一致するHLAホモ型iPS細胞から樹状細胞を誘導し、患者由来抗原を感作させます。患者由来Tregをその樹状細胞と共培養することで、患者由来抗原を特異的に認識して免疫を抑制するTregを大量に増殖させることができます。

再生医療開発

上記技術により作製したTregを用い、自己免疫疾患や移植時免疫拒絶に対する治療法の開発が進められています。

自己免疫疾患については、中でも、最も患者数の多いリウマチについては、既存の治療法では寛解に至っていない患者も多くいるため、炎症惹起細胞の活性を抑えるという新たな治療法として期待されており、開発が進められています。

免疫拒絶については、骨髄移植等の造血幹細胞移植時の移植片対宿主病(GVHD)や、臓器移植や他家iPS細胞等の他家細胞治療時の免疫拒絶を対象に、開発が進められています。

その他、現在有効な治療法が存在しない自己免疫疾患である、全身性エリテマトーデス,多発性硬化症,全身性強皮症などについても、Tregによる治療法の開発を進める計画となっています。

これらの再生医療製品の開発を、J-TEC社の細胞培養プロセスの開発や薬事コンサルティングにおける協力の下に進めてます。

 

― 再生医療ベンチャー一覧へ ―

― 細胞種,対象疾患,アプリケーション一覧 ―

-再生医療ベンチャー
-, , ,

Copyright© 再生医療.net , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.